DISCO

ジョイアの透明感のある唄声が
      カルトーラの音の風景を醸し出す

NEW アルバム
『vida』に寄せて

3年越しの構想を経て、今、サンバの神様カルトーラの曲だけを集めた、このアルバムをリリースできることに心から感謝しています。
タイトルは「VIDA(ヴィーダ)」。人生・命・暮らしという意味のポルトガル語の言葉です。

私が初めてカルトーラの曲に出会ったのは、歌い始めて間もない頃、友人のライブ演奏でした。それまで、柔らかで軽快なボサノバばかり聴いていた私は、心の奥深いところに直接語りかけてくる哀愁ある美しいメロディーに、震えるほどの衝撃を受け、演奏が終わると同時に駆け寄って曲名を確かめたのを覚えています。それは3曲目に収録した「人生は風車(ふうしゃ)」。サンバ カンサォンの世界に魅せられる、きっかけでもありました。

私が歌う意味は医師であることと深く結びついています。火傷を負った子供やその子の母親の気持ち、事故で顔に傷を負った女性の苦しみ、痛くて辛い治療の末に感謝の言葉を下さる患者さんとご家族の美しい心。毎日多くの患者さんと真剣に向き合う中、それぞれの方の気持ちが私の心に入ってきます。人間を心から愛おしく感じられるー患者さんからのGIFTを歌でお返ししたいと思うのです。

私にとって医業は心のインプット、歌はアウトプットです。音楽は人生のGIFTなのです。

黒人であったカルトーラの人生も苦難に満ちていました。若さ溢れる20代にマンゲイラというサンバチームを創立し、数多くの名曲をチームへ提供したにもかかわらず仲間の裏切りや権力闘争から身を引きチームを離れ、生きていくために左官として働き、30年間も社会から忘れられていました。音楽の世界に返り咲いたのは60歳を過ぎてからのことです。晩年には古巣マンゲイラへの復活も叶い、もう一度青春を取り戻したと歌うO Sol Nascerá(陽は昇る:10曲目収録)には彼の喜びが満ちています。そして、最晩年に人生を振り返り、色々あったけれど今幸せですと神への感謝を歌うO Inverno do Meu Tempo(人生の冬:5曲目収録)の歌詞には、傍で支え続けた最愛の妻ジカへの愛も伝わってきます。人生の苦難も喜びもそのまま受け入れ、正直に一生懸命生き抜いたカルトーラの音楽には彼の人生そのものが投影され、慈愛に満ち、洗練されたメロディーだけでなく、詩の美しさも際立っています。

人の営みのごく普通の何気ない生活や『人生=VIDA 』の中にこそ普遍的な美しさがある。(これこそサンバの真髄だと思います)それを表現したカルトーラの楽曲と歌詞を掘り下げ、ブラジル音楽を愛し歌ってきた歌手として、一人の女性として、人間として。カルトーラの精神性に共鳴し、深いところに近づこうと、精一杯向き合ったつもりです。ぜひ歌詞を読みつつ、ご自分の人生と重ね合わせながら聴いていただけたら嬉しく思います。

Que seja sua vida feliz!
あなたの人生に幸あらんことを!

Thanks to : 笹子重治、伊藤芳輝、山田裕、寺前浩之、赤木りえ、黒川紗恵子、江藤有希、Yui、荒井桃子、
森朱里、島津由美、岸田充善、森本タケル、ケペル木村、芦田ルイーザ、小川敦子

  • Silêncio de Um Cipreste 糸杉の沈黙
  • Divina Dama 俺の女神
  • O Mundo é Um Moinbo 人生は風車
  • Não quero mais amar a ninguém もう誰も愛したくない
  • O Inverno do Meu Tempo 人生の冬
  • Basta De Clamares Inocência もう言い訳はたくさん
  • Autonomia 自由の権利
  • As Rosas Não Falam 薔薇は語らない
  • Que Sejas Bem Feliz 君に幸あらんことを
  • O Sol Nascerá 陽は昇る〜Alvorada
  • Acontece 愛のなりゆき

vocal: Jóia
acoustic guitar: Shigeharu Sasago
acoustic guitar: Yoshiteru Ito
7cords guitar: Yutaka Yamada
bandolim: Hiroyuki Teramae

Guest Performers:
flute: Rie Akagi
clarinet: Saeko Kurokawa
violin: Yuki Etoh
violin: Yui
violin: Momoko Arai
viola: Akari Mori
cello: Yumi Shimazu

Produced by Jóia
Supervised by Shigeharu Sasago

Recorded,mixed and masterd by Mitsuyoshi Kishida
Recorded at Pastoral Sound in Tokyo,Japan

Creative Director: Atsuko Ogawa
Art Direction & Design: Eiichi Sakota
Design: Toshio Kawakami
Drawing: Yukari Sato
Photography: Yoshiyuki Mori
Artist Logo Design: Kei Sumiya